glow

一覧に戻る

メンバー紹介レポート 15 ー スコット・アレン

アート&デザインコレクティブglowには、多様なバックグラウンドを持ったメンバーが所属しています。

このレポートシリーズでは、各回ごとにメンバー1人に焦点をあて、これまでの活動やバックグラウンド、今に至るまでの経歴、今後の制作についてなどについて紹介します。このシリーズを通して、個々のメンバーが抱くビジョンを捉えた上で、それらを重ね合わせたglowのビジョンを浮かび上がらせることを目的としています。

第15回は、像楽家 / 生像作家 のスコット・アレンさんを紹介します。

スコットさんの現在の仕事や活動について教えてください。

作家活動として投影装置の仕組みに物理的に介入して変調したり、日用品に手を加えて像をつくって、インスタレーション制作やパフォーマンス活動を行っています。近年は深層学習の生成モデルを用いた作品制作や、AIライブコーディングユニットAi.stepとしても活動を行っています。
全体を通して視覚メディアの可能的様態や「見立て」に関する作品を制作しています。

また、 2022年度から京都精華大学メディア表現学部で専任教員として働いたり、他の大学で非常勤講師をしたり、博士課程(社会人コース)で研究活動をしています。昨年度まではフリーランスで作品のエンジニアリングやエンターテインメント分野の仕事を行なってきており、近年はテクノロジーとの関係の築き方に着目したワークショップなども行っています。

基本的には制作・研究を続けながら興味のあることに取り組んでいます。それぞれのフィールドで取り組んだことやつくった作品が互いに良い影響を及ぼすように試行錯誤しながら、バランスをとりつつ活動するようにしています。

どういう経緯で現在の仕事や活動を行うようになったのでしょうか? 現在の活動につながる転機や影響を与えたものについても教えてください。

小学生のころからバンド活動をしたり、絵を描くのが好きでした。大学は理系の学科に進み、研究しながらバンド活動も行っていましたが、活動をする中でバンド専属のVJの方に出会い、音楽だけではなく空間としての体験をいかに総合的に演出できるかということに興味が移行していきました。
VJやライティングに没頭していく中でプログラムベースのジェネラティブな表現を行うようになり、現在のデジタルアートやメディアアートの活動につながっています。

映像制作や演出の技能を深めたいことと、展覧会などでももっと作品の見方がわかるようになりたいというモヤモヤしたものもあって、系統的・実践的に学べる大学院として自身の興味と合っていたIAMAS大学院に行くことにしました。

IAMASではクワクボリョウタさんに師事し、クワクボさんの作品のプログラムなども担当させていただくなかで、作家としての姿勢を学んでいきました。その後から現在までは、つくり続けるための環境を探しつつ、活動を続けています。

今後挑戦していきたいこと、力を入れたい活動などあれば教えて下さい。

最近は自分自身がこれまで行ってきた複数の活動に通底することが見えてきたこともあり、それらについて書籍のような形で文章としてまとめたいと考えています。

これからglowとしてメンバーと一緒にやってみたいこと、期待していることなどあれば教えて下さい。

抽象的ですが、学術的成果が必要なアカデミックな場にも、売上が必要な会社にも振り切っていない、自由さを生かしたプロジェクトをみなさんとできたらうれしいです。それ自体を考えて実行していく場でもあると思っています。

 

編集 森岡まこぱ

 

Photo credit

1 《\Z\oom》
展示:Scopitone 2019 (Nantes in France, 2019年9月)
プロジェクトページ: https://zoom.scottallen.ws/

2 Ai.step 《Human x AI Collaborative set》
MUTEK Montréal Édition 21(Online platform Canada,2020年9月)

3 《identity disperser -afforestration-》
CVPR 2021, Computer Vision Art Gallery, Selected (Online Platform U.S.A、2021年6月)
プロジェクトページ: https://scottallen.ws/work/identity-disperser-afforestation

4 《Compressed ideographs -visualized-》
Alternative Dimension(TIERS GALLERY in 表参道 東京、2021年9月)
プロジェクトページ: https://scottallen.ws/work/compressed-ideograph-visualized

関連人物

スコット・アレン

関連ページ

Scott Allen
https://scottallen.ws/

Ai.step
https://ai-step.github.io/

Prev
最新レポート