glow

一覧に戻る

「Action Design Research Project」展示空間設計

2020年2月21日から24日に、情報科学芸術大学院大学[ IAMAS ]の卒業制作展「IAMAS 2020」が開催されました。この展覧会にて「Action Design Research Project」の展示空間を設計・施工しました。

この展示では、角材とジョイントパーツから空間を構成するシステム「Kiosk」を使い、3つの展示ブースを構成しています。Kioskのフレームに対し、ディスプレイ台や可動式のパネル用板などのアタッチメントパーツを取り付け、映像やパネルを設置しています。また、フレームの上部にはライティングレールを設置し、既存の展示空間でのライティングを使用せずに各展示物を照らすことが可能となっています。

Kioskを使用して空間を構成することによって、既存空間の制約と切り離すことが可能になり、より自由度を持った展示空間を作り上げることができました。また今回使ったものは組み立て式になっており、会場が変わった際にもパーツを変更することで、展示スペースの形状を変え再構成することができます。

関連人物

冨田太基

赤羽 亨

関連レポート

「FURNITURE IN KIOSK -家具/空間を感覚的に検討するワークショップ- 」開催

関連リンク

LAP

Prev Next
最新レポート