glow

一覧に戻る

展覧会「The Dive ―設計とアーカイブ」

2020年10月16日(金)から10月20日(火)まで、名古屋市内のギャラリー「N-MARK B1」にて、映像インスタレーション作品とメディア芸術の記録と設計に関する研究成果の展示発表「The Dive ―設計とアーカイブ―」を開催しました。この展示では、インスタレーション作品の展示と、その記録に関するアプリケーションの開発・発表を行いました。

今回展示された、八嶋有司の映像インスタレーション《The Dive ‒ Methods to trace a citye》は、身体の非計算性と緻密に設計された映写空間を合わせ持つ作品として、これまで国内外の展覧会で紹介されてきました。《The Dive ‒ Methods to trace a city》の制作プロセスは、現代の多くの作品と同様に、ハードウェア/ソフトウェア、物理/仮想という境界をシームレスに行き来する複雑なものであり、「何が」描かれているかという表象の理解だけでなく、それが「どのように」生み出されたかいう、私たちの社会やメディア環境への視点を含んでいます。

この展覧会では、そのような作品の制作プロセスを設計とアーカイブの往還運動の中に捉え直すことに焦点をあて、《The Dive simulator》を合わせて開発・公開し、制作プロセス自体を作品や鑑賞と結びつける構成をとりました。これによって、芸術作品だけでなくその創造過程との関係を示すことにもチャレンジしています。

企画・ディレクション:赤羽 亨(glow)、池田泰教(glow)
展示設計:八嶋有司(glow)、イトウユウヤ(glow)
グラフィックデザイン:京野朗子(glow)(FLAME)
Webコーディング:大総佑馬(ソウルメイツインタラクティブ)(glow)
撮影:表 恒匡、八嶋有司(glow)
主催:ArtDKT
運営統括:FLAME

関連人物

八嶋有司

池田泰教

イトウ ユウヤ

赤羽 亨

京野朗子

Webサイト

https://artdkt.asia/the-dive/

Prev Next
最新レポート